農地中間管理事業

農地中間管理事業について

農地中間管理事業の概要

農地中間管理事業とは?

神奈川県内の農業振興地域内の農地を対象に、農業をやめる方や農業の規模を縮小される方(出し手農家)から、農地中間管理機構が農地を借り受け、規模拡大や新規参入される受け手(担い手農家等)の方に貸し付けることにより、農地利用の集積・集約化を進める事業です。パンフレットはこちらをご覧ください。

農地中間管理機構とは?

担い手への農地集積・集約化を進める事業体であり、(公社)神奈川県農業公社が平成26年7月1日付けで、農地中間管理機構の指定を神奈川県知事より受けました。

農地の出し手や地域への支援

名称 交付対象者・交付要件 交付単価
経営転換協力金 経営転換、リタイアする農業者、農地を相続したが農業を継がない方 5.0万円/10a(上限あり)
貸付面積 上限額
0.5ha以下 25万円
0.5ha超2.0ha以下 50万円
2.0ha超 70万円
耕作者集積協力金 機構の借受農地に隣接する農地で、自ら耕作する農地を機構に貸し付けた当該農地の所有者、及び同様隣接地の所有者が農地を機構に貸し付けた場合の当該農地の耕作者 1.0万円/10a
地域集積協力金 地域の農地を2割以上機構に貸し付け 1.5万円/10a
※ 全て10年以上の機構への貸付が条件

「農地の出し手、受け手のメリット」こちらをご覧ください。
「農地中間管理事業の流れ」こちらをご覧ください。

農地中間管理事業の手続き

農地中間管理の手続き

農地を貸したい方は

農地を貸したい方はこちらの資料をご覧ください。(PDF)
農地貸付申出書(記載例)   エクセル版  PDF版 

農地を借りたい方は

農地を借りたい方はこちらの資料をご覧ください。(PDF)
農地借受申出書(記載例)・取り下げ書  エクセル版  PDF版
↑上に戻る